伸び続けるクラウドファンディングを学ぶ

サイトの特徴を理解する

クラウドファンディングは、まずは運営サイトのホームを比較して自分が立ち上げるプロジェクトに相応しいサイトを見るけることから
始まります。
日本においては市場を占めている割合から調べると一番が融資型、二番目が購入型、そして三番目に寄付型になります。
これは日本市場の場合で海外では購入型が一番ですから、今後日本でもこの方向で進むのではないかとも思われます。
自分が考えているプリジェクトが寄付型であれば「Japan Giving」や「Ready For Charithy」をはじめ、ふるさとチョイスなど多くあります。
購入型であれば「Ready For」や「Campfire」は知名度が高いです。
融資型やファンド型は一般的に誰でもできるものではなく、免許が必要となるのでハードルが高いものになります。
それぞれ特徴が違うので、何が何に特化しているかよく調べて決めましょう。

運営サイトによる費用

利用する場合運営会社にシステム使用料などを支払います。
All-or-nothingの方式では支援金は成功した時のみ貰え失敗すると貰えませんが手数料も無料。
All-inは達成しない場合も支援金は貰えますが手数料も発生します。
プロジェクトに自信があれば前者を選ぶことが多くこのケースは支援者にもお金が戻るのでどちらにもリスクがない方式です。
通常かかる費用は一律ではありませんが、支援総額の何%かが徴収されます。
平均的には5%から20%まで様々です。
審査料金や掲載料金は無料が殆どです。
また企画や投稿に関する内容などのアドバイスを必要としている場合はアドバイス料が必要ですし、立ち上げから呼びかけなどFacebook作成の手助けを求める場合も有料です。


シェアする

B!