クラウドファンディングには良い分部も注意すべき点もあります

トラブルの実例

今何か自分にはアイデアがあるが、実現するための費用がない人。
クラウドファンディングはそんな人にとって実に魅力的なシステムですね。
しかし多くの人に知ってもらう事は知らせることでもあるのです。
もしそのアイデアが素晴らしいものでも何かの面で不足があってできなかった、それを誰かが補足して自分のアイデアとして成功した、つまり模倣されることも覚悟が必要です。
また前述のAll-inの内容を理解してないで支援してしまったと支援者側で発生するトラブルもあります。
実際はそのプロジェクトを見てみて、小さくではありますが、必ずAll-inの形式等記載があります。
その内容を理解してないでショッピングの感覚で支援する人も居るという事です。


クラウドファンディングの注意点

クラウドファンディングには他にも注意すべき点も多数あります。
運営サイトによってもデメリットの内容は異なってきますが、どのサイトにも共通しているデメリットを幾つか記載します。
まずは資金面ですが実際どのタイプのクラウドファンディングであってもプロジェクトを管理していく中で人手が足りないとか、或いはシステム面においても別途コストが発生する場合があります。
また一旦スタートすると途中でやめることができません。
自分が思ったようにことが進まなくてもやめることが出来ないだけでなく場合によっては支援者に返金というケースもあります。
一旦公開したプロジェクトはWeb上でずっと残ってしまいます。
ですから安易に考えずしっかりした内容、将来のことも充分考えて後悔のないよう充分考慮して決めましょう。


シェアする

B!